妊娠率を高めることはできる?

生活習慣で変わる妊娠率

今では「妊活」という言葉が流行っていますが、妊娠しやすい身体を保っていくためにも、生活習慣を見直す必要もあります。特に生活が不規則だったり、嗜好品ばかり摂取していたり、過度なストレスをためこんでいるという方は不妊症になりやすいです。

これは女性だけではなく、男性にも言える事ですので、妊娠を望むのであれば、男女共に「健康」をキープしていかなければなりません。特に妊婦さんの健康状態というのは、後の赤ちゃんにも大きく影響してきてしまう点なので、お腹の中の胎児も健やかに過ごせるように、生活習慣を整えていく事も大事です。

女性は体を冷やしてはいけない

女性の中には冷え症体質の方が多いですが、これも妊娠率が低くなってしまう原因の一つです。妊娠率を高めたいのであれば、冷え症を克服していく努力が求められます。特に女性は下半身を冷やしてしまうといけないと言われています。できる限り子宮周りや脚を温かくしておきましょう。

おへその上にカイロを貼ったり、腹巻きをするのもおすすめです。おへそを温めると、冷えかが緩和すると言われています。冷たい飲み物や食べ物も控えるようにしましょう。体を温めてくれると思いがちな緑茶やコーヒー、紅茶なども体を冷やししまう原因となるものなので、あまり飲み過ぎないようにしましょう。

規則正しい生活をする

昼夜逆転している人や、夜更かしをしている人、不眠の方はそれらも改善していきましょう。規則正しい生活にしていく事で、妊娠率もかなり高まっていきます。体のリズムを整える事で、ホルモンバランスも整い、正常に妊娠ができるようになります。

栄養バランスの行き届いた食生活を送る

妊娠したければ食生活に気を配るという事も大切です。脂質の高いものばかりを食べるのではなく、大豆製品などの高タンパク質や野菜を積極的にとっていきましょう。

煙草飲酒は控える

煙草を吸ったり、お酒を呑む習慣が多い人は、早めにそのような習慣を治していった方が子供のためにもなるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ